This page contains a Flash digital edition of a book.
NEW SPOT


ジユエンツン 本場台湾“眷村”料理


カーニーメサにあるレトロな佇まいの台湾食堂 祖国への想いを乗せたおふくろの味をリャン・ママがお届けします ジユエンツン


 昨年10月、コンボイエリアに台湾 眷 村 料 理のレストランがオープンしました。


多くの眷村


「梁 リャン・ママ・ジャー


ています。  眷村


出身者や台湾人が故郷のおふくろの味を求めて、 媽媽家」(リャンお母さんの家)に足繁く通っ


(日本語読み:けんそん) とは、国共内戦


に敗北し、大陸から台湾に渡ってきた中華民国の 兵士とその家族のために作られた集落のこと。 1949年から1960年代にかけて、


60万人もの人々


が移住し、独特の文化を築いてきました。  長年、


眷村で生活してきたリャン・ママ。本場


の眷村料理を多くの人に味わってもらいたいと、 1980年にLAにレストランをオープンしました。 以来、全米に店舗を展開し続け、13番目となる 姉妹店をサンディエゴに出店したばかり。


 同グループの名物料理は


中央)。ほうとう 4 44 4


「紅焼牛肉拉片麺」(写真 の眷村版といったところです。もちも


ちとした食べごたえのある太麺は、手で1本ずつ伸ば して作り上げます。


柔らかくジューシーに煮込まれた牛


肉の塊に、酸味のある野菜の浅漬けが入っていて、新 鮮な味わいを覚えることでしょう。シャキシャキの食 感も面白い一品です。


Seaweed Egg Flower Soup Special Sesame Dry Noodle


ふんわり玉子と海苔のさっぱりスープ ピーナッツパウダーがかかった細麺の


「紫菜蛋花湯」($5.00) (左 ) 「眷村旦旦麺 」($5.50) (右)


 日本人が好きなワンタン($4.75)もあります。 でも、これは一般的に思い浮かべるようなスー プに浮かぶワンタンではなく、茹でて湯切りさ れたワンタンのこと。出来たてアツアツをピリ 辛のオイルソースと一緒に、つるんといただきま す。  麺類もさることながら、ソースや浅漬けなど 食材はすべてホームメード。肉類はじっくりと時 間をかけて仕込み、注文が入ってから調理し始 めます。冷凍食品は一切不使用。そんな美食へ のポリシーを貫いたリャン・ママのテイストを気 軽なダイニングにてご賞味ください。  メニューには初めて聞いたような料理が並ん でいることでしょう。たまには新しい食文化に 触れてみるのも面白いかもしれません。


Three Flavor Chicken with Rice Special Red Pork Luncheon Box 煮込んだ豚肉を揚げた「紅糟肉飯便當」($7.50) Beef Noodle Soup Noodle 寒い日にはもってこいのヌードルスープ「紅焼牛肉拉片麺」($7.50)


「牛肉捲餅」($7.25) 小麦粉から作った餅 皮で、


「三味鶏飯」($7.75) は鶏肉本来の美味し さを残すため、風味 を加えずシンプルに 蒸した料理。3種の ソースで変化をつけ ていただきます(上) 台湾でポピュラーな ソフトドリンクと人 気の 「台湾ビール」、 「青島ビール」


、「ハイネ


ケン」。ボバティもご 用意しています(右)


Photos by Kevin Sprowls 薄切りの牛肉、


葉野菜の浅漬け、甘 辛い甜麺醤(テンメ ンジャン)を巻き込 んだアペタイザー。 ボリュームがあるの で、みんなでシェア していただくのがい いかもしれません


Liang's Kitchen


4681 Convoy St., # D San Diego, CA 92111 ☎ 858-277-5573


Sesame Cake with Beef


Open 7 days 11am-10pm


SAN DIEGO YU-YU JANUARY 1, 2012 25


Page 1  |  Page 2  |  Page 3  |  Page 4  |  Page 5  |  Page 6  |  Page 7  |  Page 8  |  Page 9  |  Page 10  |  Page 11  |  Page 12  |  Page 13  |  Page 14  |  Page 15  |  Page 16  |  Page 17  |  Page 18  |  Page 19  |  Page 20  |  Page 21  |  Page 22  |  Page 23  |  Page 24  |  Page 25  |  Page 26  |  Page 27  |  Page 28  |  Page 29  |  Page 30  |  Page 31  |  Page 32  |  Page 33  |  Page 34  |  Page 35  |  Page 36  |  Page 37  |  Page 38  |  Page 39  |  Page 40  |  Page 41  |  Page 42  |  Page 43  |  Page 44  |  Page 45  |  Page 46  |  Page 47  |  Page 48  |  Page 49  |  Page 50  |  Page 51  |  Page 52  |  Page 53  |  Page 54  |  Page 55  |  Page 56  |  Page 57  |  Page 58  |  Page 59  |  Page 60  |  Page 61  |  Page 62  |  Page 63  |  Page 64  |  Page 65  |  Page 66  |  Page 67  |  Page 68  |  Page 69  |  Page 70  |  Page 71  |  Page 72  |  Page 73  |  Page 74  |  Page 75  |  Page 76  |  Page 77  |  Page 78  |  Page 79  |  Page 80  |  Page 81  |  Page 82  |  Page 83  |  Page 84  |  Page 85  |  Page 86  |  Page 87  |  Page 88