This page contains a Flash digital edition of a book.
Agricultural Trade Office

U.S. Embassy, Tokyo 1-10-5 Akasaka Minato-ku, Tokyo 107-8420

Tel: (011-81-3) 3224-5115 Fax: (011-81-3) 3582-6429

www.us-ato.jp email: atotokyo@fas.usda.gov

く、 食品加工業界、 梱包業界及び輸送業

界においても雇用を創出し多大なる経済 活動を生み出しています。 米国農務省経 済局 (Economic Research Service)に よれば、

農産物輸出により2007年には

800,000を超えるフルタイム雇用が創出さ れました。 米国の農産物輸出はこの半世紀に大幅な 拡大を遂げており、

1954年から2008年の

期間では輸出額は3,750%も増加していま す。 この成功は主に米国農務省海外農務 局と米国農産物協会団体の協力の賜物と いえるでしょう。 実際、

十億ドルに上る輸出が生み出され、 もの雇用が創出されたことからみても、

5

両者の協力により何 何百万 米国

『パートナーズ・イン・アグリカルチャー』

における公的・民間セクターの協力関係で 最も成功を収めた一例といえるでしょう。 世界的にみても日本は米国の農産物輸

出市場開拓の歴史のなかで最も成功を収 めた国です。 米国の対日農産物輸出額は 1970年に世界で初めて10億ドルを超え、 1995年には世界で初めて100億ドルを 突破しました。 日本は、

人口の密集する裕福な国であり、 以降、

国土面積が小さく 1946年

米国の対日農産物累積輸出額は の

2800億ドルにも達します。 この巨大市場開拓のきっかけは1959年 『ホッグ・リフト(豚空輸計画)』

アイオワ州の農家と農務省海外農 『ホッグ・ リフト』

結しました。 また

『ホッグ・ リフト』 はアメリカ穀物協会

(U.S. Grains Council)発足のきっかけと もなりました。 1950年代、

の大幅な余剰在庫を抱えていましたが、 協会は、

この穀物余剰を削減し、

の所得を引上げ、 支援を目指し、

米国では穀物 同

生産農家

更には供給先の国々の 海外市場の開拓を目的に

1960年7月1日に設立されました。 その海 外オフィス第一号は1961年に日本に設立 されています。 高品質な飼料の入手が可能となり、

日本 に遡りま

す。 山梨県が二つの台風により大被害を被 った際、

務局が同県の養豚業の復興を支援したこと に始まります。 この

支援で両国の人々の繋がりが培われ、

オワ州と山梨県は1960年に米国の州及び 日本の都道府県として初めて姉妹関係を締

による アイ

の畜産業は消費者の食肉嗜好の高まりと ともに拡大しました。

日本の食肉消費量は大幅に増加すること となります。 米国の食肉産業界は1976年 に食肉輸出連合会(U.S. Meat Export Federation)を設立し、

1977年に海外事

務所第一号を日本に開設しました。 日本市場はこれまで米国経済の健全な発

その後20年にわたり Page 1  |  Page 2  |  Page 3  |  Page 4  |  Page 5  |  Page 6  |  Page 7  |  Page 8  |  Page 9  |  Page 10  |  Page 11  |  Page 12  |  Page 13  |  Page 14  |  Page 15  |  Page 16  |  Page 17  |  Page 18  |  Page 19  |  Page 20  |  Page 21  |  Page 22  |  Page 23  |  Page 24  |  Page 25  |  Page 26
Produced with Yudu - www.yudu.com