This page contains a Flash digital edition of a book.
Partners in Agriculture

2010年

『パートナーズ・イン・アグリカルチャー』 の開催について

はじめに

駐日米国大使館農務部(米国農務省

海外農務局日本支部)、 州、

(Cooperators)は グリカルチャー』

米国アイオワ

山梨県及び米国農産物各協会団体 『パートナーズ・イン・ア (農業におけるパートナー

シップ)と題した一連の行事の準備を進め ています。 チャー』

ムの成功、 有名な

『ホッグ・ 、 メリカ穀物協会の設立50周年、

『パートナーズ・イン・アグリカル は米国農産物各協会団体プログラ 農務に関わる特別な日米関係、 リフト(豚の空輸)計画』ア そしてアイ

オワ州・山梨県の姉妹関係の設立50周年 を祝う記念行事で、

2010年3月から夏に

かけて東京及び山梨で開催を予定してい ます。 また日本が米国にとり最も重要で且 つ信頼できる海外市場であることを感謝す

4

るとともに、 米国が信頼できる農産物供給

国としての責務を真摯に受け止めている事 を日本に示す良い機会であるととらえてい ます。 『パートナーズ・イン

・ の ハイライトとなる行事は、

担当公使や農務官を招待する予定です。

経 緯

農産物輸出は米国の農業セクター、



いては米国経済全体にとり非常に重要で す。 米国の地域社会において農家や牧場 経営者に経済的効果をもたらすだけでな

アグリカルチャー』 4月8日及び9日に

山梨県甲府市で行われます。 甲府市は東 京から電車で1時間半のところに位置し、 日本の象徴である富士山も同県内にありま す。 また山梨県は米国農産物協会団体プ ログラムの成功の象徴̶米国農産物協会 団体史上で最も成功を収めた地̶でもあり ます。 この行事には、 農務長官、 他、

トーマス・ビルサック米国 アイオワ州政府関係者、

ジョン・ルース駐日米国大使の 米国農産物協

会団体関係者及び元駐日米国大使館農務 Page 1  |  Page 2  |  Page 3  |  Page 4  |  Page 5  |  Page 6  |  Page 7  |  Page 8  |  Page 9  |  Page 10  |  Page 11  |  Page 12  |  Page 13  |  Page 14  |  Page 15  |  Page 16  |  Page 17  |  Page 18  |  Page 19  |  Page 20  |  Page 21  |  Page 22  |  Page 23  |  Page 24  |  Page 25  |  Page 26
Produced with Yudu - www.yudu.com