This page contains a Flash digital edition of a book.
国 際 離 婚 「結婚とは、


いかなる羅針盤もかつて航路を発見したことのない荒海である」 (ハイネ、


ドイツの詩人)


 オーストラリア人のパートナーと結婚、 婚」 件。 が、  


をする人も増えている印象です。 同様に国際離婚は1万8,968件。


「他人」 は、   毎日毎日、 それでもやはり驚くような数字です。


であるパートナーと夫婦として暮らすことは、 10年20年30年と続いていきます。


「結婚生活の”荒海”を乗り切るコツは?」 お互いのため、 疑問や悩みに、


国際結婚に限らず簡単なことではありません。 波乱万丈がないわけがありません。 どうしても続けられないことも、


そして子供のために別れることがベストと判断せざるを得なくなった時、 答えます。


「夫婦の関係が悪くなってしまった時は誰に相談したらいい?」そして 何をどうすればいい?」


、 取材・文:田部井紀子 取材協力:在メルボルン日本国総領事館、 ◆ よい関係を保つコツ ◆


 夫婦関係について、 ですか、 す」





 努力せずにパートナーとの関係はいつでも万事快調。 夫婦関係、 ンのNPO


うまくいかなくて当然。 「Relationships Victoria」


① 2人だけで話をする時間を持ちましょう。 ② 1ヶ月に1度は、 ③ 毎週1つ、 ④ 相手に


「話しづらい」


⑤ やってくれてうれしかったことは、 れたとか、


「いい感じ」


⑥ 自分の幸せを相手に期待しないこと。 ⑦ 2人の関係を


にしてくれる


⑨ 何か失敗をしてしまった時は、 ⑩ 何歳になっても


「I love you」 そんなあなたは奇跡的にラッキーです。


じゃあどうしたら少しでも良い関係を保てる? 地元メルボル のウェブサイトを見てみました。


「A Healthy Relationshipー良い夫婦関係を保つコツ」 一緒に何か楽しいことをしましょう。


相手に関して何か新しい発見をするようにしましょう。 と感じていることがあれば、


相手に伝えましょう。 どんなに些細なことでも構いません。


自分の幸せは自分で作りましょう。 「儀式」


を見付けましょう。


⑧ 少なくとも年に1度は一緒にホリデーを過ごしましょう。 いのです。


それが相手でも自分でも、 と言われるのはうれしいもの。


 …どうでしょう? 確かにホリデーに行くと、 持ちになります。


子供が小さくて忙しく、 する余裕がないものですよね。 ◆ Cさん: 子供がエアポート・ウォッチ・リストに ◆ ◆ メディケアが使える! 気軽に受けたいカウンセリング ◆


 なんだかうまく行かない…そう感じたら、 いてもらうだけでもすっきりするかも。 い。


メディケアが使えるので、 のカウンセリングの他、


早めに第三者に相談してみましょう。 それでダメなら、 夫婦やカップルで受けられる お話をお聞きしました。


に国際結婚の場合のカップル・カウンセリングについて、 いる桜井多恵子さんに、  


「意思の疎通がうまくいっていない場合が多いので、 カウンセリングを行うこともあります。 せずに、


お互いが何をどう考え、 て、


「この人はどうしてこう考え、 許す。


気になる小さな生活のクセ、


「カウンセリングは、 カウンセリング、


が昇るだけ。 とを勧めます。 いと決めるのも、 しまいます。


的な宿題を出します。  例えば、


友達に話を聞


オーストラリアでは気軽に利用している人がたくさんいます。 「カップル・カウンセリング」


国際結婚のご夫婦の場合、 カウンセラーは飽くまで仲裁役として、


ラウンドについて理解を深めるお手伝いをしていきます」  





感じているのかを確認していきます。 。


ぜひカウンセリングを受けてみて下さ 個人 特


もあります。 日本語によるカウンセリングを行って


通訳をしながら どちらの見方も


その次にお互いのバックグ


こんなことを言うの?」その背景にあるものをお互いが理解し 例えば食事の時に立てる音なども、


起承転結の形でだいたい6回で終わるように行います。 あとはフォローアップとして1回。


ケンカになるのには決まったパターンがあることが多く、 そんな時には


『ここでストップ』 という


両手でTの字を作るのでも良いし、 良いことですね。


ているケースでは、 夫婦の仲も風邪と同じ。 。


早めのカウンセリングが解決に結びつきます。 うまく解決することが多いですね」


考えに捉われていた頭を、 回前後のカウンセリング後、 でも、


お互いに、


自分に合うカウンセラーを見付けたそうです。 冷まさせてくれた。


『現状を何とかしたい』


『ビジュアル・キュー』 レッドカードでもOK。


それぞれのカウンセリングのあとには、


 1歳の子供がいるCさん、 なり、


登録されたとの手紙が。 ります。


聞き入れず、 子供を連れて家を出ました。


文化の違いなどが積み重なってオーストラリア人のご主人と不仲に しばらくして、


子供の名前が びっくりしたCさん、


一切もらっていないことなどを主張、 国後はこれくらいの頻度でSkypeしなさい」  Cさんは裁判について


法的な書類に全部書くんです。 たんだ』


 出廷した時、 5回 やるのは絶対に無理でした。 具体


言い争ってもお互い頭に血 を出して、


 Dさんも、  


頭を冷やすこ 子供の前ではケンカしな


こじらせてしまうと症状が重くなって また解決したい!と双方が強く希望し


 実際にカウンセリングを受けてうまく行った経験を持つAさん。 てもらい、


2人の関係が改善したそうです。 という気持ちがなければ、


彼の場合、 カウンセリングでは


自分を火中から外に出してくれた」 「ただ、


GPに何人か紹介し 「カッとなった時の と話します。


どんなに良いカウンセラー 効果がなかったでしょう」


。 「とにかく、


と最後まで嫌な思いもしました。 法廷弁護士


(バリスター) 「エアポート・ウォッチ・リスト」


「日本に帰ってからも会わせるからリストから消して」 裁判をすることに。


「とにかく大変でした。 お互いが、 を雇いました。


子供の面倒は100%自分がみていること、 1年弱かかってリストから外れることに。 など、


金銭的なこともすべて公表します。


ご主人が弁護士を通して手続きを取ったことを知 と何度も頼みましたが、


細かい取り決めが伝えられたそう。 ああ言った、


ご主人からは生活費を 判決では


に ご主人は 「日本帰 こう言ったという悪口を、 『相手がこんなふうに思ってい 1日で5,000ドルも掛かりましたが、


意識して改善していく。 時間を使って…その分どれだけ子供に良いもの買ってあげられたか、 1~2週間に1度、


子供が1人います。 雑なものだったからで、 は、


◆ 辛い時期に支えてくれるのは、 別居にあたり、


用も多額だったため大変でした。 裁判を経験しています。


すべてに時間が掛かることがストレスになりました。 これは私のケースが特に複 他の人に当てはまるかどうかは分かりません。 お金がないと、


また、


諦めなければならないケースもあると思います。 参照) 殆どお金が掛からず適切な情報、 別居や離婚のケースでは1番役に立つと思います」  Dさんにとって、 友人」


とのことでした。 10


 Bさん、 スタート、


Cさん、 Dさん、 そして今悩みを抱えている読者の皆さん。 そしてこれからハッピーな暮らしがありますように。 辛い経験を乗り越えて、 新しい


アドバイスが受けられるので、 。


大変だった時期に1番の支えになったのは 弁護士に掛かった費


自分が納得のいく結論が出るまで相手と戦えず、 Family Relationship Centre


(右ページのリスト お互いに合意の上での


「自分の子供と本当に支えてくれた


もっと普通に話し合って解決することもできたのに、 と思います」


子供と友人 ◆ 。 自分で 無駄なお金と キャラバン・パークで1泊でも良


許して忘れてしまいましょう。 どんどん言いましょう。


小さな失敗は忘れてしまうことも大事。 「言うは安し、 気持ちに余裕がなかったりしたら、


こんな


付き合っていた時代を思い出したりして新鮮な気 でも


。 「ちょっとしたこと」


行うは難し」例えば でも、


実行


それが何か理解するよう努めましょう。 トイレの便座を下ろしておいてく


タレント・エッセイストの永六輔さんが、 夫婦ったってアカの他人ですよ。 こんなことを言っています。 アカの他人同士が起こす奇跡、 「いい それが夫婦というもので


結婚は一瞬で終わるイベント。 当然あるでしょう。


そのあとの夫婦の暮らし


「どうしても夫婦としての関係が続けられず、 「オーストラリアは日本とどう違う?」そんな


、 Women's Legal Service Victoria ◆ やっぱりどうしても、


 またAさんはこうも話してくれました。 となった場合、 ら、


ほぼすべての経験者が 言葉の壁、


それは悪いことではないし、


別れることがベターなこともあるはずです。  それでもやはり、 えて国際離婚では、 に子供がいる場合。


うまく行かない時 ◆


「自分達はたまたま仲が改善したけど、 。


「離婚は、 結果として離婚 ネガティブなことでもない」一緒にいて苦しむのな 精神的に非常に消耗するもの」 日本ではまだまだ母親が引き取るケースが殆どですが、


「できる限り両方の親が50:50で面倒を見るべきであり、 ため、


 次に、 オーストラリア人のパートナーと別居中、 別居・離婚の過程で大変な苦労をされることが多々あるようです。 離婚を考えている方のご経験を紹介します。 ◆ Bさん: 別居中のご主人にインターベンション・オーダー ◆


 オーストラリア国籍を持つご主人と別居して1年半になるBさん。 かけは、


が送られてくるように。 つこくしたら許さない」


ご主人の浮気だったそう。 ある時、


んは警察に出頭することに。 ターベンション・オーダー


この裁判の際、 ご主人が 別居し始めて、 と言うと、 ご主人から、


脅すような電話を掛けてきたため、 ご主人は逆に


身を守るための裁判所命令)を出してもらうべきと言われ、 た。


「自分だけのもの」 子供はいません。


警察で涙ながらに事情を説明すると、 「そういうことならイン (何メートル以内に近付けないなど、 」


「脅されたと警察に通報してやる」 逆に


親身になってくれるオーストラリア人の友人が付いて来てくれ、


頼りになったそうです。  Bさんは現在離婚訴訟のため弁護士を探している最中です。 家を、


浮気が原因でも、 オーストラリアの法律上、


と主張して譲らないのが1番の問題だそうです。 慰謝料はもらえないそうです。


別居のきっ


BさんをけなすようなメールやSMS 見兼ねた知人が


Bさ


「それ以上し と言って、


精神的なダメージを含む暴力から 裁判を経て同オーダーが出されまし とても心強く


資金を半分ずつ出し合って買った またご主人の


と言います。 子供にもその権利がある」


日本とのシステムの違いで思いがけず大変なことになることも。 オーストラリアでは という考えの


加 特


子供を持ち、 厚生労働省が毎年発表する これはその年に結婚したカップル、


メルボルンで暮らす国際カップルの数はここ数年でとても多くなっています。 「人口動態調査」2010年の数字を見ると、 離婚したカップルの数なので、


、 この年、 単純に それととともに 「3組に2組が離婚している」 「国際離


全世界で日本人の国際結婚の件数は3万207 とは言えないのです


Page 1  |  Page 2  |  Page 3  |  Page 4  |  Page 5  |  Page 6  |  Page 7  |  Page 8  |  Page 9  |  Page 10  |  Page 11  |  Page 12  |  Page 13  |  Page 14  |  Page 15  |  Page 16  |  Page 17  |  Page 18  |  Page 19  |  Page 20  |  Page 21  |  Page 22  |  Page 23  |  Page 24  |  Page 25  |  Page 26  |  Page 27  |  Page 28  |  Page 29  |  Page 30  |  Page 31  |  Page 32  |  Page 33  |  Page 34  |  Page 35  |  Page 36