This page contains a Flash digital edition of a book.
 今月20日は、


れた日でもあります。 されています。


 エリトリアは、 面しています。


1954年に国際連合が制定した世界子供の日です。 日本では5月5日が子供の日ですが、


今月は、


「児童の権利に関する宣言」「児童の権利に関する条約」 11月20日は世界中の子供の権利を見直すと共に、


と エリトリア独立運動の只中にいたDr.Melikaに話を聞きました。 西にスーダン、 南にエチオピア、 東岸は紅海に 期に、 元々はエチオピア帝国とエジプトの領土で、


ズ運河が開通しヨーロッパとの交易が始まると、 タリア王国がイタリア領東アフリカとして植民地化。 界大戦中にはイギリスの保護領となったものの、


戦後、 スエ ストラリア、 19世紀末にイ 立後の国内紛争を想定し、


議で1952年にエチオピア・エリトリア連邦となりました。 にエチオピアがエリトリアを併合し、


層厳しくなってくるとエリトリアは独立運動を展開し、 に及ぶ武力闘争の後、


93年に完全独立を果たしました。 遠国からの隣人


母親としての願い 第五回


母親も著名な女性教育のパイオニアです。 育ったMelikaでしたが、


第二次世 あると思われるオーストラリアへ。 国連の決 難民達と渡豪した際、 62年


エリトリアへの弾圧が一


 独立戦争の只中で育ったMelikaの父親は農業プラント会社の 管理職、


半の国家軍の訓練を受けた後、 して働いていましたが、 スーダンへ渡り、


トゥーム大学動物学部に入学、 を考え、


機に25歳で結婚。 移民省での通訳をオファーし、


約30年  最高学歴取得が夢だったため、 号取得を目指しました。 種」


裕福な家庭で 極的に話し掛け、


高等教育時に徴兵され生活が一変。 エリトリア解放戦線で看護師と


2年間の難民キャンプ生活を経て、 卒業。


である従弟が夫となりましたが、 スーダンにいて年に一度の帰国でした。 等弁務官


(UNHCR) 活動をし、 てながら大学院も卒業しました。 難民とは?国連難民高等弁務官事務所


るか迫害を受ける恐れがあるため他国に逃れる人々」 ラクが半数を占め、


世界最大の受け入れ国はパキスタン、


(UNHCR:世界各地にいる難民の保護・支援を行う国連機関のひとつ) と定義されている。 イラン、


2010年末時点で、 シリアとなっている


小野 綾≪オノ アヤ≫ RMIT大学国際開発研究修士卒。 た世界中の人達が、 ボランティア、


各種提携団体と共に、 現在、


自国の将来的な復興・発展に貢献できることを目的にNGO 南スーダン、


エリトリアの漁業の将来性


戦争の激化に伴い離国を決断しました。 同国のカル


Melikaは難民の支援活動をしていた縁からアメリカ、 カナダへ難民ビザで再定住するチャンスを掴み、 動物や自然が多く海洋漁業が盛んで 国際移住機関の手配で他の Melika


オー 独


空港で出迎えた移民省スタッフが、


が英語とアラビア語とティグリニャ語で通訳しているのを見 て、


仕事も見付かりました。 に最初は差別もありましたが、 交友関係を広げていきました。 1年 「子供を育てるには村全体が必要」 Melikaは隣人を家に招き、


イスラム教徒のアフリカ人という まずは子供達の友達の親に積 アフリカには 役割分


働きながら海洋生物学の博士 「珍


という諺があるので、


担や自己責任というオーストラリアの個人主義を理解するのに 苦労したそうです。


現在は、


エジプトで奨学金を得て海洋生物学部に入学したのを AMESの再定住部部長職にありながら、 自国の伝統である親戚との婚姻に則って医者 ります。


環境も仕事も変わりましたが、 共同生活の中で周囲に助けられ、


と提携した教会で近隣国からの難民の支援 を子供が達成するのです」世界各国から渡豪してくる母親が、 3人の子供を出産、


夫はエリトリア解放戦線で る人達が新しい社会に溶け込み、 在学中には国連難民高 のお世話をしていきたいそうです。 。


育 91年のエリトリア独立と同時 において、 「人種、 (UNHCR /Grobal Trends 2010より)日本では年間3~40人、


世界中の難民の数は1,537万人、 。


RMIT大学国際学部で講師を務める傍ら、 「Peace Palette」


を設立し、 豪州および日本で活動を展開中。 W: peacepalette.org 宗教、 国籍、


周囲に溶け込み居場所を作ってこそ子供の成長基盤が作れる と、


自身の経験をもとに話してくれました。 政治的意見または特定の社会集団に属するなどの理由で、 国内避難民は2,750万人といわれている。 UNHCRが支援する難民の出身国はアフガニスタン、 オーストラリアでは6,000人程度が受け入れられている。


メルボルンにてボランティアで庇護申請者と難民の再定住支援活動中。 同団体のOperational Directorとして、


2010年、 共同設立者で南スーダン出身のDavid Nyuol Vincentほか、


紛争の犠牲者となっ 30名の


自国にいると迫害を受け イ


得意料理を紹介し


ていくことでお互いの相違・共通点を学び合いながら打ち解け ていきました。


貢献するまでの


難民・移民再定住サービスを行っている 海洋生物学の博士でもあ 自分と同じ難民背景のあ 「真の再定住」


「親が達成できなかったこと


が採択さ 子供の成長を願う日と


A 1 Reve Hair KT Mart Flagstaff Garden Le Mon Hair Port Carlton Garden 2 Endeavour LA TROBE ST.


William Angliss Institute


LT. LONSDALE ST. 3 LONSDALE ST. VUT HWARO BBQ South Yarra MAP 4 LT. BOURKE ST.


King Street Backpacker 花菱


鳥松 BOURKE ST.


Impact English College


Japan Package Tour CAL TOORAK RD.


Zuii (South Yarraアーケードを右折 ) ステアーズヘアサロン


カオル美容室 Purple Peanuts Japanese Cafe COLLINS ST. Menzies 6


COMMERCIAL RD. ELIZABETH ST.


Prahran Market


Fuji Mart


Dr Jonathan’s Hartley Dentistry 築地


FLINDERS ST. Crown Casino FLINDERS LA. VUT Immigration Museum Eureka Tower 5 LT. COLLINS ST.


add degrees / Nico Hair Noted Career


Le Petit Gateau Cambridge


International College 商工会議所/日本人会 (2F) 日本国総領事館 (8F)


リンカーンズ 法律事務所


Paris Miki Optical Sakura


Lounge Pepper Lunch AMES International UIT (4F) Sports Club 377


中央郵便局 (GPO)


Ramenya Gekkazan


Myer


David Jones


Myer


David Jones


CAL Master English


Melbourne Central


QV e.c pot cafe bar めしや


将Sumiyaki Kakureya


Great Eatern Food Centre MTSC留学センター


(5F) 明治居食屋 Carrick U & I 留学センター Academia International Chambers ホームステイセンター Izumi


Japanese Massage NBC AMI


(8F) (4F)


MLC/Stott’s College


オーストラリア 留学センター


(4F) (1F)


Kanga Kanga Greater Union


Staff Solutions Australia エーブルネット HIS (4F)


(6F) 市庁舎 (Town Hall)


日本語医療センター iae 留学ネット


GreenHouse Backpacker


City Library


RGIT Australia CAE


Flinders St. 駅 100% メルボルンを楽しむためのトラムガイド Footy、


クリケットなどが開催される Melbourne Cricket Ground (MCG) Flinders St. から70番 Stop7C


全豪オープンの会場 Rod Laver Arena


Flinders St. から70番 Stop7B


お買いもの・ナイトクラブなら South Yarra


Flinders St. から8番


カフェ・洋服・小物を探すなら Brunswick St. Fitzroy Collins St. から112番 Stop17


メルボルン市民の台所、 Queen Victoria Market


お土産も売ってる


Elizabeth St. またはWilliam St. からのトラムどれでも 本物のベトナム料理、


安いアジアの食材


Victoria St. Richmond Collins St. から109番


スポーツブランドのアウトレットなら Smith St. Collingwood Bourke St. から86番 Stop20


ビーチ、 日曜マーケット、 St. Kilda Beach Swanston St. から16番Bourke St.から96番 ルナパーク


オーストラリア最古の動物園 Melbourne Zoo


William St. から55番 Stop 22 日曜日はElizabethSt. から68番


南半球最大のカジノと映画やショッピング Crown Entertainment Complex Collins St. から109,112番Bourke St. から96番


Hales すしてん Forum Theatre NGV International Choice Hotels Australia (150 Jolimont Rd. East Melbourne) Federation Square, ACMI, NGV Australia, Melbourne Information Centre (4F) (5F) (3F) KINO Cinema 乾山


Nama Nama Hiho


(1F)


Treasury Garden


(5F) (11F) Izakaya Den (4F) 雅3号店 昇家


味千ラーメン 餃子道楽


Heirloom


Izakaya Hachibeh Japaneasy


(4F) Dengon Net KVB Kunlun(38F) (4F) Sakura Kaiten Sushi J cafe Flagstaff 駅 味千ラーメン Paris Miki Optical


Melbourne Central 駅


OzFord College RMIT English Worldwide K Box Ishiya Japanese Stonegrill


州立図書館 (State Library)


ルピシア 移民局 JTB Australia (6F) 心ラーメン 忠治 (DIMIA)


タックスオフィス (TAX Office)


Latt Melbourne Hair Kuni


新ばし 匠


飛鳥 温泉 マ (1F)


JIC 雅


(1F)


(shop 7c) Paramount Clinic Reve Hair Ramenya


(suit 4-5)


(shop 8) (shop 8)


(Victoria St.との角)


B


C


D Queen Victoria Market


E


F


長距離バスターミナル (Melbourne Transit Centre)


G Bozo Backpacker


H NOVA Cinema Melbourne Museum Royal Exhibition Building





鮨正


27


South Yarra 駅


CLARA ST.


CHAPEL ST. TIVOLI RD.


WILLIAMS RD. WALLACE AV.


Southern Cross 駅


長距離バスターミナル (Coach Terminal)


SPENCER ST.


KING ST.


WILLIAM ST.


QUEEN ST.


ELIZABETH ST.


SWANSTON ST.


RUSSELL ST.


EXHIBITION ST.


Parliament 駅


SPRING ST. 州議事堂


(Parliament House)


VICTORIA ST.


LYGON ST.


Page 1  |  Page 2  |  Page 3  |  Page 4  |  Page 5  |  Page 6  |  Page 7  |  Page 8  |  Page 9  |  Page 10  |  Page 11  |  Page 12  |  Page 13  |  Page 14  |  Page 15  |  Page 16  |  Page 17  |  Page 18  |  Page 19  |  Page 20  |  Page 21  |  Page 22  |  Page 23  |  Page 24  |  Page 25  |  Page 26  |  Page 27  |  Page 28  |  Page 29  |  Page 30  |  Page 31  |  Page 32  |  Page 33  |  Page 34  |  Page 35  |  Page 36