This page contains a Flash digital edition of a book.
 震災前は、 した。


しかし、


所々壊れたり、


陸前高田市の沿岸で眺めの良い電車の旅が楽しめま その殆どが津波によって破壊されました。 流されてなくなったりと、


態ではなくなりました。  そこで、


東北 便り


東北の今を東北からお伝えします。 A Message from Tohoku about Tohoku.


五通目「BRT」 Fifth letter 「BRT」 今年始めから新しくBRT


線路が すべてが繋がっている状


旅客高速輸送システムが導入されました。 スは一般的に見られる国もありますが、


いた時はビックリしました。  まだ一般道を走ることが多いため、 間が掛かります。


ですが、 内陸


部に敷かれていた線路に関し ては、


らせていますが、


(Bus Rapid Transit)=都市大量 海外では、


こういったバ 被災地の田舎で走ると聞 信号で止まったり、 徐々に線路だった所を舗装し、


るようになればスムーズな移動が可能になり、 のようになるそうです。


使える所から電車を走 BRTは電車の


走れない区間の間を繋ぐため のものとなっています。


 被害にあった地域の殆どの 交通手段は車、 通学に関しては、 り前でした。 くなった今、


しかし、 の通学バスを導入させ、 高橋舞子 〈タカハシマイコ〉  岩手県陸前高田市出身。


2011年3月11日に起きた東日本大震災により被災。 家家、 族を失う。


現在は仮設住宅にて生活。


2013年3月までメルボルンへ語学留学。 E: maruko.6123@gmail.com


Maiko Takahashi Born in Rikuzentakata, Iwate Prefecture, lost her home and family to the 2011 Tohoku earthquake and tsunami. She currently lives in temporary housing. From November 2012 to March 2013 she studied English in Melbourne. E: maruko.6123@gmail.com


2012年11月から


そして学生の 電車が当た 線路がな


学校側では臨時 生徒


達の送り迎えをしています。  人口も減ってしまったこの地域では、


も、 地の中を走るので、 も便利なものとして活用されており、


用が多い気がしました。  今後のBRTの活躍が楽しみです。


陸前高田市の BRT (Bus Rapid Transit) 地元の利用者はそんなに多くはありません。


このBRTができたとして ですが、


BRTは被災


被災地から被災地までの交通手段としてとて 観光客やボランティアの利


何かと時 そこを走


震災前の電車利用


Before the disaster, one could travel the coast of Rikuzentakata by train, enjoying the lovely view. But nearly all of it was destroyed by the tsunami. In places the railroad tracks were broken, and some of it was washed away. It no longer forms an unconnected line.


Accordingly, this year the BRT (Bus Rapid Transit) has been introduced, an urban high-capacity high-speed transport system. There are some countries where this sort of bus is common, but it’s surprising to hear of one operating in a disaster-stricken country town. At this point, the BRT still mostly operates on the regular roads, so it’s slowed down by having to stop at traffic lights and such. However, the places where the train tracks used to be are gradually being paved over, so it will become possible for the bus to run there, making for a smoother trip like the train journeys from before the disaster. As for the tracks in inland areas, trains are running where possible, with the BRT operating to join the areas in between.


In the disaster-affected areas, most people had travelled by c a r a n d s t u d e n t s h a d commuted by train. But now the r a i l road t r a cks a r e damaged, schools are providing special commuter buses to pick up and drop off students.


In Rikuzentakata, where the population has gone down, there isn’t even that many people using the BRT. However, because it travels right through the middle of several disaster-affected areas, the BRT is convenient and practical for travelling from one area to another. I have a feeling it’s being used by many of the tourist and volunteer visitors.


I’m looking forward to the flourishing of the BRT in the future. ZB 『奇跡の一本松保存基金』 / Miracle Pine rescue project in Rikuzentakada W: www.city.rikuzentakata.iwate.jp


26


Page 1  |  Page 2  |  Page 3  |  Page 4  |  Page 5  |  Page 6  |  Page 7  |  Page 8  |  Page 9  |  Page 10  |  Page 11  |  Page 12  |  Page 13  |  Page 14  |  Page 15  |  Page 16  |  Page 17  |  Page 18  |  Page 19  |  Page 20  |  Page 21  |  Page 22  |  Page 23  |  Page 24  |  Page 25  |  Page 26  |  Page 27  |  Page 28  |  Page 29  |  Page 30  |  Page 31  |  Page 32  |  Page 33  |  Page 34  |  Page 35  |  Page 36