This page contains a Flash digital edition of a book.
WABI LOVE す   き 数寄じゃけん (数寄=風流の道、 特に茶の湯などを好むこと)


侘茶とダークエネルギー ・パート1 Wabi-cha and Dark Energy / Part 1


 侘茶は茶道の本質に立ち返る精神性の最も高い茶道の様式です。 的で道徳的な観念が文字通り侘茶の中心となります。 で超越的な精神性を大切にします。


の茶頭であった千利休によって完成されたものです。 に豪華な品々や珍しい唐物を飾る娯楽でしたが、 の精神を取り入れ、 とらえました。 お茶を点て、


貧しさの中に豊かさを求め、 の茶室で茶道を行いました。 「小宇宙」


(約1.75畳) この


術へと変えたのです。  現代宇宙論において、


ギーが68%、 侘びは簡素で質素な美と、


侘茶は長く続いた戦国時代の終わりに、 利休以前、


侘びという美学 平穏


豊臣秀吉


利休はそういった俗世から離れ、 孤独を物心両面の執着からの解放と


茶の湯は明るい部屋 禅


利休は豪華な模様に飾った唐物の茶盌の代わりに真っ黒の楽茶盌で 華美な唐銅の水器の代わりに日常雑器の木地の手桶を点前で使い、


な唐物の茶棚をやめて畳の上に必要な道具のみを置いて茶の道を探求しました。 室も4畳半の部屋から1畳代目


の最小の空間にし、 の中で、


華麗 茶


窓も最小限にして暗め 利休は茶道を人生の無常を悟る芸 宇宙の中で質量やエネルギーが占める割合は、 ダークマターが27%、 つまり、


利休がはじめて茶道に用いた質素な1畳代目の茶室、 黒茶器や実用的な木地の道具は、 つ表現だと思います。


ダークエネル


原子などの通常の物質が5%と算定されています。 そして飾り気のない黒楽茶盌、


人生の普遍的な真理を直観させるような働きをも 宇宙の大部分は虚無であるという真理に近付いて悟り


を導くような表現だと私は思います。  人生の無常を悟った茶人は肉体の衰えや孤独をおそれません。


受け入れ、


う宇宙の真理に気付くきっかけとします。 本質的様式である暗黒舞踏を見たとしたら、 思われます。


次回は、


表面上の美の衰微をより深い美に転換することによって、 もし利休が現代に生きていて、


そのことについて書きたいと思います。


むしろその事実を 無常や虚無とい 現代舞踊の


どんなふうに捉えただろうと興味深く


Adam Wojcinski


明多夢 ウォジンスキ uedaryumelb.com


sadosamurai.blogspot.com


上田宗箇流メルボルン武家茶道教室 Ueda Soko Ryu Melbourne Samurai Tea Ceremony Classes Saturdays 11am-4pm


Reference:


Keys to the Japanese Heart and Soul by Kōdansha, Ltd


‘Wabi-cha’ is the most radical, most spi r i tual form of the tea ceremony. Central to wabi-cha is the aesthetic and moral principle ‘wabi’, a principle that empha- sizes a simple, austere type of beauty and a serene, transcenden-


tal frame of mind. Wabi-cha emerged in a time when Japan was tired of a long civil war. Right at the centre of the politics of the war was Sen no Rikyu, the tea master employed by warlord Toyotomi Hideyoshi and the most famous tea master in history. Rikyu explored the possibilities of wabi aesthetics in the tea ceremony further than anyone. In an art traditionally associated with a grand display of rich art works, Rikyu sought to give his art spiritual depth by associating it with the spirit of Zen and seeking richness in poverty and making loneliness synonymous with liberation from material and emotional worries. Rikyu used jet-black tea bowls instead of elaborately decorated ceramics from China, perishable raw wood buck- ets instead of ornate brass water containers, and he totally removed luxurious lacquerware cabinets furnished with elaborate tea sets and placed only the bare essentials for making tea directly on tatami mats. He reduced the size of tearooms from 4.5 tatami mats to 1.75 tatami mats in size with little filtered light. Rikyu’s small, dark tearooms became referred to as ‘shōu-uchū’ or ‘self-contained universes’. In these shō-uchū Rikyu turned Tea into an art for awakening to the essential impermanence (mujō) of life.


Scientists now believe 68% of the Universe is dark energy, 27% is dark matter, and the rest - everything on Earth, everything ever observed with all of our instruments, all ‘normal’ matter - adds up to less than 5% of the Universe. Rikyu’s austere, 1.75 mat tearoom with black teabowls and perishable wooden tea equipage is an expression of the drive to have intimate insight into our essential nature - a nature where the overwhelm- ing majority of our universe is darkness rather than observable matter. Exploring this nature is to lead one- self towards Buddhist enlightenment.


A teaist awakened to impermanence does not dread physical decay or loneliness; rather they celebrate these facts as a source of a deeper form of beauty and stimulus for Buddhist enlightenment. I think Rikyu would have found the modern dance art form of Butoh fascinating. I will explore how Rikyu might have valued Butoh in the next article.


にっぽんの いっぴん


JAPANESE ARTISAN’S WORK


Three + Nine Clock ('Patinized' Brass Clock) ¥25,200


「  富山のデザイナー・橋本利久氏によるデザインと、 熟練した技術


を持ちながら常に新しいプロダクトを生み出し続けるモメンタム ファクトリー・Oriiの銅器着色技術によって実現した、 るデザインの時計です。 デザインされた置時計は、 スタイルの部屋において、 クセントを与えてくれます。 の風化と腐食が魅せる美しさは、 て、


まるでそうなることを運命付けられていたかと思うほどです。


 モメンタムファクトリー・Oriiは、 岡市のメーカーです。


「高岡銅器」


色・宣徳色・鍋長色・朱銅色・焼青銅色・鉄漿色 種類もの色のバリエーションがありますが、 酸化を利用して作られたもの。 根、


ぬか、 米酢、 梅干、 情を与えています。 長い間、 日本酒なども!) これらの着色技法は、 で有名な、


Oriiによって着色された銅器には、 (オハグロ)


いろいろな技法・溶液 の組み合わせで、


を繰り返しながら研究・開発してきたもので、


富山県高 青銅色・煮 など、


これらはすべて、


数十 銅の


(原料には大 銅に無数の表


高岡の先人達が試行錯誤 自然に背を向けず、





ロンズ・真鍮といった銅合金に自然調和した着色法を発展させてき たことが、 でしょう。


高岡銅器の信用と名声を保ってきた大きな要因


Oxidizing or tarnishing in different ways, and thereby taking on new colors and textures, the appearance of most metals changes naturally with age and exposure to the elements. Under controlled conditions, 'momentum factory Orii' speeds up the ‘patinization’ process of thin copper and brass plates using Takaoka’s traditional tarnishing methods developed and refined by trial and error over many decades. These closely guarded techniques require the plates to be repeatedly moistened with organic chemical cocktails (such as Japanese radish, rice bran, rice vinegar, pickled plum or Sake), and the use of heat to achieve the desired colors. Working with these superbly ‘patinized‘ metals, momentum artisans handcraft elegant items for sophisticated home and office interiors.


● 掲載の商品はALEXCIOUS のウェブサイトより購入可能です。The product on this article can be purchased from ALEXCIOUS website. 非常に味のあ


時間を気にした時にすぐに目につくように その役目を十分に発揮しつつ、 そのイメージを崩すことなく、 ひとつひとつ丁寧に着色された、 そのデザインの完成度と相まっ


あらゆる 程良いア 金属


An excellent designer in Toyama Toshihisa Hashimoto’s focused and thoughtful design, and a skilled but spirited craftsman Ori i ’s superb, original brass tarnishing techniques combine to make this long rectangular clock a chic focal point of eye-catching interest in any home or office; an interior accent that is equally comfortable on a mantle-piece, workstation, bookshelf or desk. An excellent gift for the style guru to add a little creative corrosion to their life!


今月は


”Three + Nine Clock” ('Patinized' Brass Clock) by Toshihisa Hashimoto Orii


W: www.alexcious.com


にっぽんには世界に誇る匠の技があります。 練された技術や、 手が良く、


込まれています。


そして末永く使えるように、 そんな匠の逸品です。


細部にまでおよぶこだわり。


その洗 使い勝


しっかりと作り


In Japan, there are world-class artisans like no other. Their sophisticated skills extend to the details. Items that are easy to use, and quality that lasts for many years. It’s a gem of craftsmanship.


読者特典 商品購入時、 」 25 ウェブの


コメント欄に“Dengon Net 読者”と 明記すると、


500円返金! Special offer


Mention you’re a Dengon Net reader in the comment field when buying online and get a 500 yen cashback!


Page 1  |  Page 2  |  Page 3  |  Page 4  |  Page 5  |  Page 6  |  Page 7  |  Page 8  |  Page 9  |  Page 10  |  Page 11  |  Page 12  |  Page 13  |  Page 14  |  Page 15  |  Page 16  |  Page 17  |  Page 18  |  Page 19  |  Page 20  |  Page 21  |  Page 22  |  Page 23  |  Page 24  |  Page 25  |  Page 26  |  Page 27  |  Page 28  |  Page 29  |  Page 30  |  Page 31  |  Page 32  |  Page 33  |  Page 34  |  Page 35  |  Page 36