This page contains a Flash digital edition of a book.
 今回も高度経済成長期の生花ブームについて考えていきます。 私の主張は要するに、


発生的な流行ではないのです。 しかし、 素晴らしい。


ここまでの


それは人為的に作られた現象だったということ。 自然 ですからブランド創りに例えるわけです。


花についてこんなあけすけな話をした人はいなかったでしょうね。  もちろん生花がブームになったこと自体、 せん。


を留める 難問です。


なぜブームが起こりえたのか、 私がきちんと説明できたなら、


を聞きたがることでしょう。


 生花は花嫁修業と芸術という二つ看板を持つブランドになったのですが、 実はそれだけではありません。 ないのです。 とです。


その二つは


神修養といった側面は否定されました。 重森三玲


(要注意。 「水と油」矛盾していて、 。


え? と思われる方もおありでしょうが、 生花は西洋芸術になったのですから、


側面が否定されたということ)しかし、 がある。


れは明らかな矛盾。  しかし、 だろうが、


「重森の芸術の定義によれば」 。


両立し得 考えるとすぐに分かるこ 生花が伝統的に持っていた精


この点を明言したのが先に言及した という条件で、


精神修養的な 道徳や礼儀作法といった精神性が期待されているのです。


多数の流派が生徒獲得に鎬を削っている現実。 市場のニーズに応えるのが先。


論上は否定しなければいけない花嫁修業的側面も看板にしているわけで、


一般には生花を花嫁修業と見る傾向 そこで理 こ


矛盾だろうがなん 業績が上がればそれで良しとする。


実情はそんなところだったとしか思えません。  やがてブームが下火に向かうと看板の無理が目立ってきます。 なのかな?芸術とは言いがたいのではないか?表立って議論しなくても、 うすうす気付いてくる。


前回、 生花の花嫁修行としての側面が、


均等法の導入と共に牽引力を失ったという話をしました。 は生花の芸術性について考えていきます。  今回紹介するのはアンスリウムを剣山に立て、 の作品。


 


生け花のセンスが出せれば小品でもおもしろいでしょう。 は世界中の生け花紹介用のFBページの看板にも使っています。 援下さい。


www.facebook.com/IkebanaGallery 五十五輪目


華道家 新保逍滄 www.shoso.com.au


 11月はディーキン大学現代彫刻展、 作、


新保逍滄社中展と忙しくなりそうです。 dale のKings Arcadeで開催です。


バララット市クリスマス芸術作品制 社中展は9日から15日までArma-


他の詳細はサイトのNews をご参照下さい。


アイリスの葉を絡めただけ この作品


イイネとご支 そこで、


婚活に有効 皆


男女雇用機会 次回から


生 他国ではあり得ま


そしてなぜ下火になったのか。 数千人の華道家元の多くが私の話


Of course, I think that the Ikebana boom is a fantastic cultural phenomenon and it could never happen anywhere else in the world. But why did it happen and why has it now faded? Very few people have investigated these difficult but fascinating questions.


As I mentioned, Ikebana at that time had two sales points: as training to become a good house wife and as Western art. What we have to understand here is that these two points were contradictory. According to Mirei Shigemori who influ- enced many prominent Ikebana artists at that time, Ikebana had become Western art by denying its traditional spiritual aspects. Although the general public expected Ikebana to function as training for young women to learn its spiritual aspects and become good house wives, the new Ikebana in principle did not see the spiritual aspects as important.


Once the boom had passed its peak, it is natural that some people started to ask questions about the two sales points of Ikebana. I have already talked about the aspect of the train- ing to become a good house wife. I’ll focus on the artistic aspect of Ikebana from the next issue. The work for this month is a simple arrangement using anthuriums and iris leaves. Although it is a small work, it is an effective Ikebana work. I used this image for our new Facebook page, Ikebana Gallery. Please like it and enjoy I k e b a n a w o r k s f r o m a l l o v e r t h e w o r l d . https://www.facebook.com/IkebanaGallery


November is a busy month for me. My work was selected for the Deakin University Contemporary Small Sculpture Award and I will also be preparing a Christmas installation for the City of Ballarat. Also we will have a group Ikebana exhibi- tion at the Kings Arcade in Armadale from 9 to 15 Novem- ber. Please visit my site for the details.


I’d like to talk more about the great Ikebana boom during the rapid economic growth period in Japan. To summarise, what I have proposed so far is that the boom was strategi- cally created by a group of people, in a similar way to the creation of a successful commercial brand.


働く オージーさん いろいろな職業の


自分のことを語ってもらいます。 ような、


普通のオージーさん達に、


でも今まで会ったことはなかった。 出会って下さい。


ふたりめ


騎馬警官の レイチェル


文・写真:田部井紀子 www.kiku-kaku.com


「オージーさん」 仕事のこと、 どこにでもいる そんな


に、


 私の名前はレイチェル・ダンカンソン。 なって8年、


パー。 がいて、


31歳。 騎馬隊に入って今年で2年。


この馬、


VIC州警察官に 名前はクー


ここサウスバンクのオフィス兼厩舎には25人の警察官 それぞれのメンバーが自分の馬を持っているの。


 騎馬隊に入るには、 応募したのよ。


務経験がないといけない。 キルダで勤務していたの。 見て、


受けて合格したら、


通常の警察官として少なくとも2年の勤 私も最初の数年はシティやセント 騎馬隊の求人広告が出ているのを フィットネス・テストや乗馬のテストを 次はトレーニング、


最後に面接。


かったわ。  子供の頃モーニントン半島に住んでいて、


カーの小さな牧場を持っていたの。


馬を3頭は常に持っていたわ。


騎馬隊員になるためのテストや訓練には有利だったわね。  勤務内容は毎日違う。


をしたり、 デモ集会の時に群集をコントロールしたり、


ほど大きいデモのコントロールは初めてで、 た。


6ヶ月程か 私も10歳の頃から、


両親が13エー 自分の


で遭難した人の捜索に行くこともある。  他には、


去年のOccupy Melbourneには私も出動した。


各署からの要請で市内をパトロール アン


ザック・デーやAFLのグランド・ファイナルのパレードに付き 添ったり。


あれ 最近ではGroconのプロテストにも出動したわ。


多少危険を感じ それから山


とにかくたくさんのトレーニングをするの。


ともと穏やかな気質じゃないといけない上、 までには2年はトレーニングが必要。


馬はも 実際に出動する 群集が暴れたりするよう


もちろん乗馬もしていたから、 な危険な状況の中でも、 できないといけないから。 隊が購入したばかりの馬。 んだけど、


 私達の仕事って、 り、


ぱっと見程 てもできないわ。


常に落ち着いて、 この子、


隊員が命じる動きを クーパーは1年半前に騎馬 他の馬に比べて強いほうではない ご覧の通りとても静かで人懐っこいの。


「かっこいい」 でも、


1日中厩舎を掃除したり馬の世話をした 仕事じゃないし、


素晴らしい仕事だと思う。 馬がいることで、 「ああ、 って思う。 それから天気の良い日に、


してるとみんな気軽に近寄って話し掛けてくれたり、 馬を撫でてくれたり。 のね。


川沿いを馬に乗っている時 くちゃできないなあ」 思っているわ。


この仕事、


体力がないとと パトロール 子供が


距離感がぐっと縮まる


ボタニカル・ガーデンやヤラ こんなこと、


騎馬隊じゃな ずっと続けたいと


24


Page 1  |  Page 2  |  Page 3  |  Page 4  |  Page 5  |  Page 6  |  Page 7  |  Page 8  |  Page 9  |  Page 10  |  Page 11  |  Page 12  |  Page 13  |  Page 14  |  Page 15  |  Page 16  |  Page 17  |  Page 18  |  Page 19  |  Page 20  |  Page 21  |  Page 22  |  Page 23  |  Page 24  |  Page 25  |  Page 26  |  Page 27  |  Page 28  |  Page 29  |  Page 30  |  Page 31  |  Page 32  |  Page 33  |  Page 34  |  Page 35  |  Page 36