This page contains a Flash digital edition of a book.
 高度経済成長期、


生花はブランドとなり、


ランドの購入者の多くは若い女性。 いう二つの看板がもたらすイメージは、 女性像の反映だったと気付いて下さい。 を有する女性、 (花嫁修業をした) 教養ある女性。


即ち 要は、


のお嬢様ブランド。 つらいよ」


走り出したのです。


そのブ あるように見え、 生花ブランド 象でしょう。


経済的な実践力にもなり得る特技。


遊芸的な花嫁修業と最新の芸術と ランドだったのではないでしょうか。 即ち当時の日本男性の求める 方、 彼等の理想は、


家庭的で、 のマドンナのイメージそのもの。


しょう。  話を戻しましょう。


が可能になると、 (西洋芸術を解する) た。 英会話だったのです。


これがブーム期の生花の正体なのです。 「男は 終わるわけではありませんが。 脇道に逸れますが、


遊芸をたしなむほどに経済的な余裕のある良家 ていく。 映画


メージの原型はどこにあるのか気になりますね。 か? もっと封建時代的なのかもしれません。


しかしながら、


漱石あたりでしょう またいつか考えてみま


80年代後半以降、


けたいという風潮が徐々に強くなります。 画期的なものです。 きないか。


生花ブランドは、 となると、 女性の社会進出


花嫁修業よりも経済的な強みを持つ特技を、 この変化は、


男性依存度が高い。 身につ  さて、 多くの女性は新しいブランドを求めます。


日本女性史上、 ムパーティー・パックとしてご利用いただいています。 もっと自立で 応じて、


このような西洋花的なものもよく作ります。 教養が ヤで作ったボールを利用しています。


In the period of rapid economical growth in 1960s and 70s, Ikebana became a brand and attracted many young women. My investigation revealed that Ikebana’s appealwas twofold at that time, as modern art, and as training to become a good housewife. We should note that the image women sought through the Ikebana brand was a reflection of what Japanese men wished for in a woman. They wished for women who could make a nice home and who were intelligent enough to understand Western art. I wonder when Japanese men started to seek such women. They are often depicted in Japanese films and literature until the 1980s. That is another topic I would like to think about some other time.


However, since the late 1980s when it became possible for women to seek equal opportunity in the work place, women started to look for a more career oriented brand. What was the brand that could make people seem intelligent and be more useful for work? It was probably English conversation. You may have noticed in the 1990s that more and more English conversation schools opened in your neighborhood, while more and more Ikebana schools closed. That was the end of the Ikebana boom. My discussion so far has only


been an outline of the Ikebana boom and I’ll talk more about it in depth from the next issue.


I would like to show my commercial work again this month. This is a part of our home party package that consists of 1 medium arrangement like this one and the 2 table arrangements. I used a wire ball to fix the flower for this arrangement.


By the way, free Ikebana calendars for 2014 are available to down- load from my website. www.shoso.com.au


生花教室 Ikebana Class


火曜の午後と夜、 詳細は、


土曜の午前から選べます。 サイトをご参照下さい。


I teach Ikebana in Melbourne. If you are interested, see the details in my website and join our class. Also, free Ikebana calendars for 2014 are available to down- load from www.shoso.com.au


を留める 五十五輪目


華道家 新保逍滄 www.shoso.com.au


今月も商業花。 この程度の大きさの花とテーブル花2点をホー リクエストに 花留めにはワイ


生花ブームの終焉です。


それは英会話ブ 生花教室の人気が落ち込む一


英会話教室が盛んになるという動きは皆様の周りでも見られた現 生花のライバルは、


英会話教室が盛んになるにつれ、 もちろん、


今回の話で戦後、


次回から更に掘り下げていきます。  ところで、


でダウンロードできます。


お茶でもお琴でも西洋花でもなかっ 生花が衰え


このイ ブームの分析の結論が出たと思われるかもしれませんが、 私のウェブサイトから、


ブームは終わっても生花が 高度成長期の生花 まだまだ。


来年度の生花カレンダーが無料 是非ご利用下さい。


新連載 働く オージーさん いろいろな職業の


自分のことを語ってもらいます。 ような、


普通のオージーさん達に、


でも今まで会ったことはなかった。 出会って下さい。


ひとりめ


靴職人の ジョー


文・写真:田部井紀子 www.kiku-kaku.com


「オージーさん」 仕事のこと、 どこにでもいる そんな


に、


 私の名前はジオバキーノ・ビバレッツィ。 ている。


イタリア人だ。 イタリア人含め、 1931年生まれ、


りは13歳の時に始めた。 リアに来たのは1960年、 は、


ギリシャ、


もの移民が乗り込んでいた。 日間の船旅、


でものんびりできて、 ドイツ、


「ジョー」


父親も靴職人だったんだ。 29の時。


私は船に乗ってやってきたんだが、


今年で82歳になる。


と呼ばれ 靴作


オーストラ


戦争が終わってしばらくの間 ユーゴスラビア…ヨー


ロッパのいろんな国から大勢の人達がこの国に移り住んでき たものだよ。


イタリアからメルボルンまで、 船賃は285ドル。  メルボルンに着いてすぐ、 良いホリデーにはなったよ。


人ばかり80人くらい働いていたかなあ。 リア人の奥さんに出会って、


一隻に700人 28


までは、


とは別に夜なべして靴を作ったりもしたよ 働いて、


工場のいろんな女の子にプレゼントするために、 。


タリアに行って1番質のいい皮を大量に仕入れて、 自身の手で最高の靴に仕上げていった。


仕事


それからEast Brunswickで子供の靴の店を始めた。 それらを私


(笑)工場で2-3年 イ


店は40年ほど続けた。


 少し前から安い中国製の靴がたくさん輸入されるように なって、


当時にしては相当な金額だった。 分の年齢もあって、 はカフェになってるが 前は、


靴工場で働き始めた。 結婚したんだ。 この工場で、


ヨーロッパ 同じイタ


奥さんと付き合う ジに移した。


メルボルンの靴業界はだんだん下火になってきた。 店は10年ほど前に閉めた。


まだ残ってるよ。


『Invicta Handmade Shoes』 靴作りの機械はすべて、


今はこのガレージ兼作業場で、


パー部分を縫い合わせる仕事を請け負っている。 や孫達の靴を作ったりもしているよ。


店のあった場所 って店の名


自宅のガレー


1日に2~3足アッ あとは子供


あんたも靴が必要な時 自  息子が2人、 孫、 娘が2人。 孫が9人いる。 楽しいよ。


い仕事について幸せな暮らしをしている。 は子供、 親戚が19人集まって、 リア料理を食べるんだ。


それぞれメルボルンで良 毎週金曜日の夜に


奥さんが腕を振るったイタ 家族は私のTesoro、


宝物。


んなにお金を持っていたって愛する家族がいなければ、 意味もないさ。


ど 何の     取材協力: McCloud Shoes


は、


うちに来るといい。


どんな靴でも作ってあげるから。


 13歳で初めて靴を作った時、 かったんじゃない。


学校がなくなってしまって、 たんだ。


ジャーや教師になった。 私は泣いてしまった。 悲しかったんだよ。


3人の兄はみんな上の学校に行って、 羨ましかった。


うれし 戦争で爆弾が落ちて


父親の仕事を手伝うしかなかっ 銀行のマネー


24


Page 1  |  Page 2  |  Page 3  |  Page 4  |  Page 5  |  Page 6  |  Page 7  |  Page 8  |  Page 9  |  Page 10  |  Page 11  |  Page 12  |  Page 13  |  Page 14  |  Page 15  |  Page 16  |  Page 17  |  Page 18  |  Page 19  |  Page 20  |  Page 21  |  Page 22  |  Page 23  |  Page 24  |  Page 25  |  Page 26  |  Page 27  |  Page 28  |  Page 29  |  Page 30  |  Page 31  |  Page 32  |  Page 33  |  Page 34  |  Page 35  |  Page 36