This page contains a Flash digital edition of a book.
082 PROJECT / GRAND MOSQUE, ABU DHABI
supervision – as well as local expertise that knew it would never be beaten. Everything over the building every evening making sure
included dialogue with the client and other they threw at it the Martin guys proved that everything works properly. We wanted
local contacts. it could cope with it. It was a very live to have the confidence that this building
Martin had to go through an extraordinary process. Even the way the components work would look as good as it does now for years
process of approval and testing, showing inside – they come in and out like a filing in the future without having an army of
that every component of the Exterior 1200 cabinet - it’s very maintenance friendly.” people looking after it.”
could cope with an ambient temperature of With over 1200 Martin products on the proj- The improved data communication of RDM
plus 60 degrees Celsius. Bradshaw explains: ect, SaMA was also looking for luminaires systems give several benefits, most notably
“Most often when we do performance that had a feedback management system to faster, more efficient service and a reduc-
specifications for jobs in the desert we talk facilitate maintenance across the building. tion in repairs and downtime resulting in
about operation for an hour at a tempera- “The importance of the fault reporting sys- substantial savings in time and costs.
ture of plus 45 degrees. You have to show tem for us was critical,” Speirs says. “The Firstly, a week was spent testing on a model
that there is no degradation on the compo- reporting process to help the maintenance at the ETC headquarters in the USA where
nents of the fixture at that temperature. team was important to make sure the build- three Congo control desks were used to
Martin had layers of engineers on this and ing looks good every night without relying capture data.
in the end it was a specification so good we on considerable numbers of people crawling David Gray, who headed the project for ETC
ティンエクステリア1200イメージプロジェ された建築照明を作り出すこと、且つ建物 CHINESEJAPANESE
クタが設置され、500個ものエクステリア の構造を美しく露出し、巨大なスケールの
アブ・ダビにあるThe Sheikh Zayed bin 200ルミナリ、248個のInground 200 シ 中にディテールを盛り込むことであった。 阿布扎比的The Sheikh Zayed bin Sul-
Sultan Al Nayhan Mosque(グランド リーズのアップライト、さらに56ものExte- 外観、ドーム、尖塔のすべてがMartin Ex- tan AlNayhan Mosque(大清真寺)是阿
モスク)は、アブダビの人のためにSheikh rior 600 シリーズの照明が施された。定 terior 600および200モデルを用いた層 布扎比人民为纪念他们敬爱的统治者
Zayedを象徴するモニュメントとして建 格IP65とIP67の設備は、夏季の気温が 状投影で照らし出され、隣接したExterior 及阿拉伯联合酋长国主要缔造者Sheikh
設された。建物の完成前に他界したが、 摂氏50度にも達する厳しい環境下でも動 1200モデルによる色彩がそれをさらに背 Zayed而建立的,他在该建筑完工前去
アラブ首長国連邦の国王であるSheikh 作可能となっている。 後からライトアップしている。 世。为符合该建筑不朽的地位和庄严的
Zayedは芸術家としても第一人者として Martin社は最初のExterior 1200 の イルミネーションは二層構造となってお 外表,委托人阿布扎比市市政与农业部
親しまれていた。このプロジェクトのクライ 2つプロジェクトを通じて得た経験をベー り、一つの層は建物に組み込まれる形で、 (Department of Municipalities and Agri-
アントであるアブ・ダビ地方自治省や農務 スにしながら、このプロジェクトに必要な ドームの下部と表面を照らし出している。 culture)理所当然地寻求一种既鼓舞人心
省は、高い歴史的価値を持ち、人々が畏 規格をSaMA社と共に開発していった。 Martin Inground 200モデルを使用した 又符合文化特点的照明方案。因此,他
敬の念を抱く、そして外観も目を見張るほ 2007年には、Exterior 1200とETCコン Martin Exterior 200モデルがすべての 们找到备受赞誉的建筑照明公司Speirs
ど卓越したこの建物について、当然のこと トロールシステムを使用した実物大モデ ドームの下半分を取り囲んでライトアップ and Major Associates(SaMA)为该建筑内
とは言え、同じ感動レベルを保ちつつ且 ルが完成し、数日間にわたって稼動した。 し、さらに一部の建物はウォッシュライトで 部和外部(两个相关的概念)设计照明。
つ文化的にも相応なものを、イルミネーシ このプロジェクトでは、巨大なETC ACN 下から照らしだされている。二重構造のも 外部装置包括400多支Martin Exterior灯
ョンの基本構想として追及している。この ネットワークに加え、設備の遠隔操作お う半分はその奥に設置された22 ものトー 具和1200台图像投影仪,近500支Exterior
ような背景から、過去に様々な受賞歴を よび調光用のETC Matrix Mk II Sin- テムポールからなり、Exterior 1200が埋 200灯具、248支Inground 200上照灯和
持つ建築照明会社、Speirs and Major eWave や数百にも及ぶETC Source め込まれている。トーテムポールは、コンク 56支Exterior 600灯具。IP65和IP67有关
Associates (SaMA)社にこのプロジェクト Four モデルといったCongoコントロール リートと鉄で補強されたガラス塔で、建物 设备可以在经常达到50摄氏度的夏日高
が依頼されることになった。内装と外装の システムが使用されている。 の周辺一体に設置されている。 温环境下运行。
2つコンセプトが交錯する照明デザインで チャレンジは数え切れないが、一つは、程 Martin与SaMA合作,从两个初始Exterior
ある。外装設備として400台以上ものマル よい強調感を保ちつつバランス良く配置 1200项目汲取经验,为该项目制定要求
Page 1  |  Page 2  |  Page 3  |  Page 4  |  Page 5  |  Page 6  |  Page 7  |  Page 8  |  Page 9  |  Page 10  |  Page 11  |  Page 12  |  Page 13  |  Page 14  |  Page 15  |  Page 16  |  Page 17  |  Page 18  |  Page 19  |  Page 20  |  Page 21  |  Page 22  |  Page 23  |  Page 24  |  Page 25  |  Page 26  |  Page 27  |  Page 28  |  Page 29  |  Page 30  |  Page 31  |  Page 32  |  Page 33  |  Page 34  |  Page 35  |  Page 36  |  Page 37  |  Page 38  |  Page 39  |  Page 40  |  Page 41  |  Page 42  |  Page 43  |  Page 44  |  Page 45  |  Page 46  |  Page 47  |  Page 48  |  Page 49  |  Page 50  |  Page 51  |  Page 52  |  Page 53  |  Page 54  |  Page 55  |  Page 56  |  Page 57  |  Page 58  |  Page 59  |  Page 60  |  Page 61  |  Page 62  |  Page 63  |  Page 64  |  Page 65  |  Page 66  |  Page 67  |  Page 68  |  Page 69  |  Page 70  |  Page 71  |  Page 72  |  Page 73  |  Page 74  |  Page 75  |  Page 76  |  Page 77  |  Page 78  |  Page 79  |  Page 80  |  Page 81  |  Page 82  |  Page 83  |  Page 84  |  Page 85  |  Page 86  |  Page 87  |  Page 88  |  Page 89  |  Page 90  |  Page 91  |  Page 92  |  Page 93  |  Page 94  |  Page 95  |  Page 96  |  Page 97  |  Page 98  |  Page 99  |  Page 100  |  Page 101  |  Page 102  |  Page 103  |  Page 104  |  Page 105  |  Page 106  |  Page 107  |  Page 108  |  Page 109  |  Page 110  |  Page 111  |  Page 112  |  Page 113  |  Page 114  |  Page 115  |  Page 116  |  Page 117  |  Page 118  |  Page 119  |  Page 120  |  Page 121  |  Page 122  |  Page 123  |  Page 124  |  Page 125  |  Page 126  |  Page 127  |  Page 128  |  Page 129  |  Page 130  |  Page 131  |  Page 132  |  Page 133  |  Page 134  |  Page 135  |  Page 136  |  Page 137  |  Page 138  |  Page 139  |  Page 140
Produced with Yudu - www.yudu.com